当サイトご案内


  • クリックで応援っ!!

    人気blogランキング


     

    いらっしゃいませ。

     

    「The徒然★Re-Mix」へようこそ。

     

    徒然草序段

     

     「つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」

     

     の、ように、このブログでは硯の代わりにパソコンに向かって「心にに移り行く」、「よしなしごと」を「そこはか」となく「書きつく」ってます。

     

     それでは、ごゆっくりと当ブログをご覧下さい。

     

     管理者:きかてぃけい

     

    応援よろしくです

    人気blogランキング


無料ブログはココログ

おすすめ(?)サイト

アクセスアップとか

« 心の琴線に触れたっぽいNews:19時30分 | トップページ | 心の琴線に触れたっぽいNews:5時01分 »

2007年8月21日 (火)

映画「出口のない海」を観た

 先日、映画「出口のない海」をテレビで放映してたのを観ました。

 今回は、これについて感想なんぞを書いて見たいと思います。


出口のない海(通常版)(DVD) ◆20%OFF!

 まず、観る前の話なんですが、かの人間魚雷”回天”の話だって言うんで、なんか良さそうだと、漠然と期待を持っていたんですね。


人間魚雷 回天一型 1/72 塗装済完成品 (アクリルケース付) (プラッツ)

 んで、観始めて、話が進んで行くと、「おや?」って感じになって、「あら?」って感じで終わったって感じです。

 まぁ、期待して観た私も悪かったんでしょうが、全体的な造りとして、やっぱ生死を賭けた若者の群像的な話って言うことでは、まぁ、そうなんですが、なーんか、盛り上がりに欠けたんじゃないかなぁ、って思います。

 んーっと、まぁ、言えば「戦争って悲惨だよね」くらいな感じが可もなく不可もなく伝わってくるって感じでしょうか。

 ただ、私的に自分が今まで気が付かなかったことに気が付いたんで、まぁ、それはそれで良かったんですけどね。

 その気が付いたことってのが、私、戦争映画にはハデな戦闘シーンを期待している感がどうもあるんじゃないかってことなんですね。

 なぜかって言うと、同じ”潜水艦”を題材にした、映画「ローレライ」は結構良かったと思ったからです。


【送料無料選択可!】ローレライ スタンダード・エディション / 邦画

 「ローレライ」は活劇的な要素があり、「出口のない海」は心情的なものを表現しようと思っているみたいなんで、お互いを比較することは出来ませんが、「ローレライ」の方が結構戦闘シーンが派手だったと思いますし、カット割とかも良かったと思います(まぁ、CGかなんかの担当が、かの”庵野秀明”氏だったってのもあるとは思いますが・・・)。

 それで思うのは、脚本や役者さんの演技が同じような感じでも戦闘シーンが派手(または悲惨)であればあるほど、その脚本や演技がより良く見えるような気がするんですね。

 なぜそう思うかと言うと、映画「男たちの大和」を観た時、枕崎沖に大和が沈没したときの戦闘シーンが、今まで観てきた戦争映画の中でも、一番悲惨で悲しいように思えたからです(もしかしたら角川春樹氏の戦略にはまってるかも知れませんが・・・)。


男たちの大和(通常版)【DSTD-2566】=>10%OFF!男たちの大和(通常版)


CLOSE YOUR EYES/YAMATO/長渕剛[CD]
↑「男たちの大和」エンディング「CLOSE YOUR EYES」収録

 多分、「男たちの大和」に、あの戦闘シーンが無かったら、話的には「出口のない海」と変わらないと思ったんです。

 えーっと、なんかあんまり良いことが書けませんでしたが、”悪い”、という訳ではないかなぁ、なんて思いますので、興味を持たれた方は一度ご覧になってはいかがでしょうか。

”グッ”と来ることが書いてあったらクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

« 心の琴線に触れたっぽいNews:19時30分 | トップページ | 心の琴線に触れたっぽいNews:5時01分 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

長渕剛 氏」カテゴリの記事

コメント

TBありがとう。
フィクションとしての戦争アクションであれば、派手にやっちゃえばいいんですけどね。
この映画では、中途半端な戦争シーンや記録映像をいっさい持ち出していなかったことが、逆に良かったと思うんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414019/7623734

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「出口のない海」を観た:

» mini review 07032「出口のない海」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ : ドラマ 戦争 その他 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 121分 公開日 : 2006-09-18〜 監督 : 佐々部清 出演 : 市川海老蔵(11代目) 伊勢谷友介 上野樹里 塩谷瞬 柏原収史 伊崎充則 黒田勇樹 平山広行 尾高杏奈 永島敏行 田中実 高橋和也 平泉成 嶋尾康史 香川照之 古手川祐子 三浦友和 かつて甲子園の優勝投手だった野球青年が怪我の苦難を乗り越え、海軍へ志願し戦争へ参加する・・・。戦争とは何か、生き... [続きを読む]

« 心の琴線に触れたっぽいNews:19時30分 | トップページ | 心の琴線に触れたっぽいNews:5時01分 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31