当サイトご案内


  • クリックで応援っ!!

    人気blogランキング


     

    いらっしゃいませ。

     

    「The徒然★Re-Mix」へようこそ。

     

    徒然草序段

     

     「つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」

     

     の、ように、このブログでは硯の代わりにパソコンに向かって「心にに移り行く」、「よしなしごと」を「そこはか」となく「書きつく」ってます。

     

     それでは、ごゆっくりと当ブログをご覧下さい。

     

     管理者:きかてぃけい

     

    応援よろしくです

    人気blogランキング


無料ブログはココログ

おすすめ(?)サイト

アクセスアップとか

« 京大の研究室を捜索 医師宅放火の調書漏えい、奈良地検 | トップページ | ストロスカーン氏を選出 IMF、次期専務理事に »

2007年9月28日 (金)

デス・プルーフ in グラインドハウス(Death Proof)を観た

 奇才「クエンティン・タランティーノ」監督作品、映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」を観てきました。

 注)このえいがはR-15していなので、15さいよりとしがしたのひとたちは、これからしたのぶんはよんでもよいけど、「デス・プルーフ in グラインドハウス」はみちゃだめよ。

 で、観て思ったのは「タランティーノ」監督の欲望のままに作られた映画だなぁ、なんて思いました。

 どんな話か、って言っても”あらすじ”らしい”あらすじ”は無いので、物語を期待して観に行くと、多分、期待を裏切られます。

 ↓一応、あらすじはこちら
 リンク:デス・プルーフ in グラインドハウス@映画生活

 少し書きますと、話の前半は、おネェちゃんたちが、酒を飲んで、ハッパ的なものを吸いながら、ひたすらエロくて不毛な会話を繰り広げるって感じです。

 まぁ、話的にはそんな感じなんですが、ただ、映像的には”超”がつくほど凝ってます。

 「タランティーノ」監督は自他共に認める”映画おたく”なんだそうで、また、60年代のB級映画が大好きなんだそうです。

 で、実際、この映画も60年代のB級映画風に画面が作られています。

 でまぁ、B級映画っぽく、フィルムに傷つけたり、場面転換でもフィルムの切り貼りをマズくしたりして、「この方がよっぽど金かかるんじゃねぇの?」とか思うほどの凝りようです。

 画面だけ観ると60年代の話なのかなぁ、なんて錯覚を起こすほどなんですが、気を付けて見てると、携帯電話なんかが出てくるので、最近の話なんだなぁ、って、はた、と気が付くほど良く出来ています。

 で、まぁ、話の進展具合ってのが特に無く話しが進んで行くのですが、映画の後半になると、カースタント&チェイスが出てくるんですね。

 で、このカースタント&チェイスは必見です。

 CG無し(多分)、スタント吹き替え無し(後で説明しますね)で延々と60年代風カースタントとカーチェイスが繰り広げられのは、まさに圧巻です。

 これだけでも、お金出す価値有りだと思います。

 ちなみに、先に書いた”吹き替え無し”ってのは、登場人物の中で、スタントマンの役で出てくる「ゾーイ・ベル」って人が本物のスタントマンなんだそうです。

 「タランティーノ」監督曰く、この映画を作るきっかけとなったのが、このスタントマンで映画を作りたい、と思ったところからなんだそうです。

 まぁ、そう考えれば、スタントマンなのにわざわざ別のスタントマンを吹き替える必要は無いちゃあ無いかなぁ、なんて思います。

 そんな訳で、興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、一度ご覧になってはいかがでしょうか(といっても公開は多分終わってますが・・・、DVDが出ることを期待してます)。

(主なリンク先:Wikipedia)


デス・プルーフ プレミアム・エディション


キル ビル Vol.1(中古)【DVD】
↑その当時は話題になった作品。
「タランティーノ」監督は日本びいきだって話があり、そんな訳かどーかは解りませんが、実際「千葉真一」氏や「栗山千明」氏が出演してたりします。
んでもって、劇中、「ルーシー・リュー」氏の「オマイラ、ヤッチマイナァ(おまえら、やっちまいなぁ)」っていう台詞だけは良くテレビで観ましたね。


キル ビル Vol.2 (中古)【DVD】
↑続編ですね。

« 京大の研究室を捜索 医師宅放火の調書漏えい、奈良地検 | トップページ | ストロスカーン氏を選出 IMF、次期専務理事に »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デス・プルーフ in グラインドハウス(Death Proof)を観た:

» シンプルな動画サイト [シンプルな動画サイト]
ジュニアアイドルを追っかけてるブログ [続きを読む]

« 京大の研究室を捜索 医師宅放火の調書漏えい、奈良地検 | トップページ | ストロスカーン氏を選出 IMF、次期専務理事に »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31