当サイトご案内


  • クリックで応援っ!!

    人気blogランキング


     

    いらっしゃいませ。

     

    「The徒然★Re-Mix」へようこそ。

     

    徒然草序段

     

     「つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」

     

     の、ように、このブログでは硯の代わりにパソコンに向かって「心にに移り行く」、「よしなしごと」を「そこはか」となく「書きつく」ってます。

     

     それでは、ごゆっくりと当ブログをご覧下さい。

     

     管理者:きかてぃけい

     

    応援よろしくです

    人気blogランキング


無料ブログはココログ

おすすめ(?)サイト

アクセスアップとか

« 「十二国記」の新作(?)「丕緒(ひしょ)の鳥」が出た | トップページ | 男子は中国が4連覇 卓球の世界選手権団体戦 »

2008年3月 2日 (日)

「十二国記」、「丕緒(ひしょ)の鳥」読了

 先日、当ブログで「十二国記」の新作(?)「丕緒(ひしょ)の鳥」が出たという記事を書きましたが、その続報です。

 新潮社のyomyomっていう雑誌(2008年2月27日発売)を購入し、「丕緒の鳥」を読み終えました。

 まず、読んだ時の話なんかを書こうと思います。

 久しぶりに新作を読んだためか、十二国記特有の漢字の読みに久々に悪戦苦闘しました。

 読んで行くうちに漢字の読みを忘れて、ルビが振ってあるページまで戻ったりして・・・。

 この漢字の読みって、今までは、読んでいるとそのうち慣れるんですが、今回は、どーしても忘れてしまう漢字がありました。

 まぁ、それは私の記憶力の問題であって、物語とは関係無い話なんですがね。

 次に、感想を書こうかと思います。


 このお話はラスト前からラストが非常に良いです。

 しかしここで、あらすじとか、あんまり書くといけないかと思いますんで、そのイメージを言葉で表しましょう。

 言うなればラスト前が「綺麗」、「儚い」で、ラストは「希望」です。

 うーん、こんなこと書いて良いのかなぁ。

 でもそんな感じだし・・・。

 やっぱり実際に読んでもらったほうが良さそうですね・・・。


 もし、この文を読まれて、この「丕緒の鳥」に興味を持たれた、また、読まれたいという方で十二国記シリーズを読まれたことが無い方は、一度、既刊の十二国記シリーズを読まれてから、この「丕緒の鳥」を読まれますと、より一層楽しめると思います。

 何か勿体ぶった物の言い方ばかり並べ立てて申し訳ありませんが、これも実際に読んで頂きたいと思ってのこと、平にご容赦の程を。

 でも「どーしても、お話の内容が知りたいっ!!」って方がいらしゃいましたら、インターネットで「丕緒の鳥 ネタバレ」とかでググると、結構ヒットします。

 んで、そちらをご覧いただけますと、あらすじなんかを書かれている方がいらっしゃいますんで(あまりオススメしたくありませんが)・・・。

 逆に読み終えてから、そういったサイトをご覧になられると色んな感想が読めますんで、それはそれで楽しめますが・・・。

「そんな訳で、書店へGo!!」って感じでクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキ

ング

« 「十二国記」の新作(?)「丕緒(ひしょ)の鳥」が出た | トップページ | 男子は中国が4連覇 卓球の世界選手権団体戦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

十二国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「十二国記」、「丕緒(ひしょ)の鳥」読了:

« 「十二国記」の新作(?)「丕緒(ひしょ)の鳥」が出た | トップページ | 男子は中国が4連覇 卓球の世界選手権団体戦 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31