当サイトご案内


  • クリックで応援っ!!

    人気blogランキング


     

    いらっしゃいませ。

     

    「The徒然★Re-Mix」へようこそ。

     

    徒然草序段

     

     「つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」

     

     の、ように、このブログでは硯の代わりにパソコンに向かって「心にに移り行く」、「よしなしごと」を「そこはか」となく「書きつく」ってます。

     

     それでは、ごゆっくりと当ブログをご覧下さい。

     

     管理者:きかてぃけい

     

    応援よろしくです

    人気blogランキング


無料ブログはココログ

おすすめ(?)サイト

アクセスアップとか

« カレンダー・ガール(新井素子)を読んだ | トップページ | 留学仲介のゲートウェイが説明会 「金返して」債権者ら殺到 »

2008年10月 5日 (日)

逆恨みのネメシス(新井素子)を読んだ

 新井素子さんという小説家の方の作品で「星へ行く船」シリーズってのがあります。

 今回は、このシリーズの「逆恨みのネメシス」って作品を紹介しましょう。

 ちなみに、本作品はSFに分類されると思われ、本の表紙に「ロマンチックSF」と題されております。

 で、あらすじとしては、・・・

 ある日、森村あゆみのもとに一通の手紙が届く。

 その脅迫とも取れる内容に、脅迫される覚えが無い森村あゆみの気分は暗く落ち込み、ため息をつくばかり。

 その様子を心配した、あゆみが所属する探偵事務所の先輩、山崎太一郎はあゆみをレストランへ誘う。

 そのレストランで、太一郎が席を外している間に、見知らぬ老人があゆみのもとにやってきて、あゆみの手を撫で回し始めたのだっ!!

 突然の行動に困惑するあゆみ。

 しばらくして老人が席を立ち、太一郎が戻ってきたところへ、その老人の話を太一郎に話すと、太一郎は驚愕したのだった。

 ・・・、って感じです。

 うーん、このあらすじの紹介ではなんだか分かりませんよねぇ、内容が。

 しかし、あんまり書くとお話の筋を全部書かなくてはならないだろうし、それじゃ完全ネタバレしちゃいますよね。

 ちなみに、このお話は前作「カレンダー・ガール」の続き的なところもあるんで、予備知識として「カレンダー・ガール」も読まれたらよろしいかと・・・。

 

”グッ”と来ることが書いてあったらクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

くつろぐ FC2ブログランキング 人気ブログランキ

ング

« カレンダー・ガール(新井素子)を読んだ | トップページ | 留学仲介のゲートウェイが説明会 「金返して」債権者ら殺到 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

新井素子さん作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆恨みのネメシス(新井素子)を読んだ:

« カレンダー・ガール(新井素子)を読んだ | トップページ | 留学仲介のゲートウェイが説明会 「金返して」債権者ら殺到 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31