当サイトご案内


  • クリックで応援っ!!

    人気blogランキング


     

    いらっしゃいませ。

     

    「The徒然★Re-Mix」へようこそ。

     

    徒然草序段

     

     「つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」

     

     の、ように、このブログでは硯の代わりにパソコンに向かって「心にに移り行く」、「よしなしごと」を「そこはか」となく「書きつく」ってます。

     

     それでは、ごゆっくりと当ブログをご覧下さい。

     

     管理者:きかてぃけい

     

    応援よろしくです

    人気blogランキング


無料ブログはココログ

おすすめ(?)サイト

アクセスアップとか

« 三沢光晴さん死す:受け身取れず、体が「く」の字に - 毎日jp(毎日新聞) | トップページ | 「雨」と聞いて思い浮かぶのはどんな曲?(コネタマ@nifty) »

2009年6月24日 (水)

OVA「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」を観た

 「装甲騎兵ボトムズ」をご存知でしょうか。

 これは、20年前くらいにテレビにて放映されていたアニメなんですが、『リアルロボットアニメの最高峰』とか言われ、傑作の部類に入ると思われるお話です。

 私自身、『ボトムズ』はそれなりに観ていましたし、こういった世界観は好きなんですが、なんせお話が複雑なんで、子供ウケするってのは難しいかなぁ、なんて思ったもんです。

 実際、アニメって視聴率もさることながら、それに付随した玩具の売れ行きなんかで、番組の寿命が決まるってお話もあるんですよねぇ。

 私自身「面白いなぁ」なんて思って観ていたアニメが、急遽、最終回となってしまったりしたものもあったんで、これは仕方が無いか、なんて思ったりもしたんですけど、『ボトムズ』の場合は、4クール放映されたんで、まだ、良かったんじゃないかと思ってます。

 と、まぁ、アニメ制作とスポンサーとの関係のことはさておき、『ペールゼン・ファイルズ』を観た感想なんか書きましょうかね。

 このお話ってテレビ放映された『装甲騎兵ボトムズ』の前日譚のようなお話なんですね。

 なんで、テレビの『ボトムズ』を観てると、『ペールゼン・ファイルズ』のお話の内容が理解できるんですが、まったくの予備知識無しで観ていると、なかなか難解です。

 ってか難解極まりない。

 ゆえに、「こう言うものだ」って理解するしかない、って感じです。

 ですから、まず、『ボトムズ』の世界観を、何かしらの手段で情報を得た後に、『ボトムズ』を観たほうが分かりが良いかなぁ、なんて思います。

 で、そういった事を踏まえた上ということを前提で、感想なぞ書きたいと思います。

 監督の高橋良輔さんって、基本的に「謎が謎を呼ぶ」って感じのお話の作り方をされるんですが、この『ペールゼン・ファイルズ』もそういった感じですね。

 『パーフェクト・ソルジャー』(以下『PS』)が開発途上だとか、異能者の存在がキリコ以外の人間でもあり得るんでは無いかとか、そういった内容を匂わすようなエピソードが、このお話の核ではないかな、なんて思います(うーん、なんかネタバレ)。

 

 ところで、登場人物で『コッタ・ルスケ』ってメルキア情報相の士官がいるんですが、全くのギルガメズ軍の『ロッチナ』少尉なんですよねぇ。

 私、お話を観てて途中から、この人物が『コッタ・ルスケ』って名前なことに気が付いて、それまでは『ロッチナ』だとばかり思ってたぐらいですから。

 果たして、この『コッタ・ルスケ』と『ロッチナ』は同一人物なのか?ってのも、ちょっと興味を引くところかな、なんて思います。

 と、まぁそんな訳(どんな訳だ?)で興味を持たれた方は一度ご覧になられてはいかがでしょうか。

 なお、劇場版もあるんですが、これはDVDの総集編のような内容のようです(私は観てません)。

↓劇場版
↓OVA(By 楽天)

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 1

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ2

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ3

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 4

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 5

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 6

”グッ”と来ることが書いてあったらクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

« 三沢光晴さん死す:受け身取れず、体が「く」の字に - 毎日jp(毎日新聞) | トップページ | 「雨」と聞いて思い浮かぶのはどんな曲?(コネタマ@nifty) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OVA「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」を観た:

« 三沢光晴さん死す:受け身取れず、体が「く」の字に - 毎日jp(毎日新聞) | トップページ | 「雨」と聞いて思い浮かぶのはどんな曲?(コネタマ@nifty) »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31