当サイトご案内


  • クリックで応援っ!!

    人気blogランキング


     

    いらっしゃいませ。

     

    「The徒然★Re-Mix」へようこそ。

     

    徒然草序段

     

     「つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」

     

     の、ように、このブログでは硯の代わりにパソコンに向かって「心にに移り行く」、「よしなしごと」を「そこはか」となく「書きつく」ってます。

     

     それでは、ごゆっくりと当ブログをご覧下さい。

     

     管理者:きかてぃけい

     

    応援よろしくです

    人気blogランキング


無料ブログはココログ

おすすめ(?)サイト

アクセスアップとか

« 朝焼け | トップページ | ブラウザのアドレスバーとかブックマークに出てくるアイコンを変更してみる:ココログの場合(favicon.icoの設置:ココログ編) »

2009年10月25日 (日)

安藤が逆転V、GP2勝目=浅田5位、ファイナル進出厳しく-ロシア杯フィギュア - Infoseek ニュース

リンク: 安藤が逆転V、GP2勝目=浅田5位、ファイナル進出厳しく-ロシア杯フィギュア - Infoseek ニュース.

 私の記憶では不調続きだった『ミキティ』こと安藤美姫さんですが、このところ復調されているようですね。

 ”はちきれんばかりの笑顔”が彼女のチャームポイントかな、なんて私は思ってるんですが、不調の時の彼女の沈んだ表情を見ていると、なんだかこっちまで沈んだ気持ちになったもんです。

 しかしながら、今回のグランプリシリーズ、ロシア杯では、見事、優勝。

 彼女本人は、まだまだ課題が多い、という言葉を残し、今だ好調とは言えないというお話でしたが、それでも少し笑顔が見えたんで、これから、また良い演技を期待したいかな、なんて思います。

 ところで、今回、5位となった浅田真央さん。

 

 素人の私が言うのもなんですが、このところあまり良い演技じゃないなぁ、なんて思います。

 って言うのも、綺羅星のごとくシニアの大会に出場した当時の彼女の天真爛漫な演技を思い出すと、って言うことなんですが。

 まぁ、当時は多分、彼女にとって怖いものなんか無かったんでしょうねぇ。

 なんつーか、『失うものは何も無い』的な感じで。

 なんと言っても、シニアでの戦歴は無かったし、年齢的にも15歳っていう、シニアの中では年少の部類に入るだろうし。

 軽快な曲に乗せて、ぴょんぴょん跳ね回り、『何か?』みたいな感じで、トリプルアクセルをバンバン決めまくる、恐るべき少女が現れたもんだ、って当時思ったもんです。

 ところが最近、ルールの変更もあるかとは思いますが、思うようにジャンプが決まらなくなってるかなぁ、なんて思います。

 まぁ、数多くの大会で優勝した経験のある彼女、いわゆる「追われるものの立場」ってのが、天真爛漫そうに見える彼女の、案外プレッシャーになってるのかも知れません。

 あと、体の成長も影響してくるんですよねぇ、多分。

 聞いたお話だと、子供の筋力って大人と比べて、自身の持つ体重と比較すると力が強いんだとか。

 言われりゃ、時代劇で、いわゆる「軽業師」って、獅子舞みたいのを頭に被った子供、って印象が私にはあります。

 体が成長すると、重心、バランスが変わってくる可能性があり、何かしらの修正をしないと上手く行かなくなる、ってのはスポーツを経験した方なら、何かしらの経験がおありではないでしょうか。

 もうひとつは年齢もあるかな、なんて思います。

 そろそろ二十歳の彼女。

 いつまでもBGMが『くるみ割り人形』って訳にも行かないって感じですかね。

 んでまぁ、この頃は重厚な曲を選曲されているようですが、これが彼女の演技、スタイルに合ってないような気がするんですよね。

 なんつーか、まだ、軽快な曲でも良いかなぁ、大人の演技にしようと、ちょっと焦りすぎかな、なんて思ったりして。

 に、しても好敵手と言われている韓国のキム・ヨナさんと演技の点では大分隔たりがあるような気が、私にはします。

 あ、あくまでも素人の考えですんで、反駁などなさらないように。

 

 いずれにせよ、「ジャンプ一番」で勝負を掛けていた昔の日本のフィギュアスケートから考えれば、芸術点が良くなってきたような気もします。

 また、荒川静香さんのように、大技を繰り出さなくてもオリンピックで金メダルを獲れたんですから、そういった意味で、日本のフィギュアスケートは世界的(てか国際スケート連盟(ISU))に、ある程度認められて来たんかなぁ、なんて思ってます。

 そういった意味では、ジャンプに固執する必要が最近は無くなってきたような気が、私はしています。

 まぁ、そんな訳で。

 

 これからファイナルに向けて、目が離せませんねっ(松岡修造さん風に読んでね)、って感じ、なんですが・・・。

 昔から、ふと思うことが・・・。

 フィギュアスケートってスポーツなんだろうか、と。

 なんか、ショーとして見られればそれで良いような気も(と、最後にスポーツとしてのフィギュアスケートを全否定してみる)。

↓フィギュアスケートのチケット販売
フィギュアスケートのチケットなら、チケットぴあ

↓フィギュアスケートのお話『銀のロマンチック・・・わはは』収録


・・・もっと見る

甲子園の空に笑え!
(By 楽天)
・・・もっと見る

 

”グッ”と来ることが書いてあったらクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

« 朝焼け | トップページ | ブラウザのアドレスバーとかブックマークに出てくるアイコンを変更してみる:ココログの場合(favicon.icoの設置:ココログ編) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414019/31937544

この記事へのトラックバック一覧です: 安藤が逆転V、GP2勝目=浅田5位、ファイナル進出厳しく-ロシア杯フィギュア - Infoseek ニュース:

« 朝焼け | トップページ | ブラウザのアドレスバーとかブックマークに出てくるアイコンを変更してみる:ココログの場合(favicon.icoの設置:ココログ編) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31