当サイトご案内


  • クリックで応援っ!!

    人気blogランキング


     

    いらっしゃいませ。

     

    「The徒然★Re-Mix」へようこそ。

     

    徒然草序段

     

     「つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」

     

     の、ように、このブログでは硯の代わりにパソコンに向かって「心にに移り行く」、「よしなしごと」を「そこはか」となく「書きつく」ってます。

     

     それでは、ごゆっくりと当ブログをご覧下さい。

     

     管理者:きかてぃけい

     

    応援よろしくです

    人気blogランキング


無料ブログはココログ

おすすめ(?)サイト

アクセスアップとか

« 小説「ダーティペアの大帝国」読了 | トップページ | 長渕さんのホールツアー「TSUYOSHI NAGABUCHI Acoustic Live 30th Anniversary」静岡市民文化会館に行った »

2009年11月30日 (月)

亀田興が2階級制覇、史上7人目 王者内藤を判定で破る - Infoseek ニュース

リンク: 亀田興が2階級制覇、史上7人目 王者内藤を判定で破る - Infoseek ニュース.

・・・、まぁ、そう言う訳です。

 あの因縁の試合(vs大毅選手戦)から2年、亀田家的には雪辱を果たした、って感じでしょうが、私的に、そういった感情的な部分は、あまり興味が無いんで、とりあえず私が勝手に思った感想を書こうかと思います。

 単純に、亀田興毅選手の試合運びが上手くなったって印象を受けました。

 まぁ、チャンピオンになろうって人が、試合運びが上手くなかったらチャンピオンにもなれないだろうし、もし、なれたとしても防衛なんか出来ないかな、なんて思うんで。

 それに、興毅選手は複数の階級制覇(3階級だったかな?)を公言して憚らないんで、こんなとこで負けてたんじゃ、お話にもならんだろうなぁ、って思ったりもします。

 対して内藤選手、なんか「気負いすぎ」な感じを試合前の入場シーンで受けたんですよねぇ。

 試合中は、なんか気合が空回りしてたような感じもしましたし。

 あと、鼻の怪我は痛かったかなぁ、なんて思います。

 あれじゃ、鼻呼吸もままならなかったんじゃないかなと。

 スポーツされている方はお分かりになられるんじゃないかと思いますが、激しい運動で鼻呼吸出来ないのは、非常に苦しいんですよねぇ。

 体力的にも消耗が激しいし、なんといっても、その「苦しさ」で「心が折れる」ってことも考えられるんで。

 基本的に内藤選手は「顔面」に打撃(バッティング(頭突き)含む)とかを受けすぎなんじゃないかと思ってたんですね。

 内藤選手の瞼のカット痕が、それを如実表してるんじゃないかと。

 ところで私的としては、この試合、判定は僅差かと思ってたんですね。

 でも、判定は結局3-0で亀田選手の勝ちだったんですよねぇ。

 3-0って言ったら、私が感じるところでは、結構大差って思うんですよね。

 

 で、多分この試合、私が勝手に思うところ、審判の心象で勝敗が分かれたような気がするんですよね。

 

 内藤選手って、私が思うに、ファイトスタイルとしては結構、変則的な感じを受けるんですね。

 型が無い、って言うか。

 あの内藤選手の独特のスタイル、あの大振りのパンチ。

 あれが当たれば良いんでしょうが、当たらないと、いわゆる「テレフォン・パンチ」って言って、悪く捕らえられると「やぶれかぶれ」って思われるかも知れないなぁ、って思ってたんですね。

 そういった意味では、審判の心象が悪かったんじゃないかと。

 んでもまぁ、審判って皆さん「プロ」な訳で、色んな試合を見られているんでしょうから、私の考えとは、また違う考え方をもたれているかとは思いますがね。

 

 対して亀田選手なんですが、アウトボクシングとカウンタ狙いを中心とした試合の組み立て方で相手の出方を待つって言う、一昔前にやってた「無理やりインファイトスタイル」よりかは、ずっと見られる試合運びかな、って思いましたね。

 私的には、有効打の数とかよりも、亀田選手の方が優位に試合を運んでいた、って印象はあります。

 なので、審判の方々も、この辺を点数に加算されたのかなぁ、なんて勝手に私が思ってるだけなんですけどね。

 と、まぁ、色々書きましたが、亀田選手は3階級制覇(だったかな?)の夢に一歩近づいた、内藤選手はプロボクサーの定年に一歩近づいたって訳で(多分、あと残り2年(日本でプロとしてやれるのが))、明暗がこんなにはっきり現れた試合ってもの、なんか、私的には、その人生模様が、そこはかとなく切ないような感じがしました。

 

 最後に。

 T○Sの思惑でもかまわないし。

 ビッグマウスでもかまわないし(ってか、プロボクサーって、大口叩くくらいじゃないと面白くないし、プロモート的に)。

 強者ならば何をしても良いっていう朝○龍的思考でもかまわないし(でも相撲の横綱はこれじゃ駄目なんでしょねぇ、”相撲”と”スモウレスリング”の違いかな)。

 誰でも良いから、今後のプロボクシングを大いに盛り立ててくれる人、いないかなぁ、って思います。

 えっ?「亀田家がいるじゃないか」、ですって?

 うーん、まだまだだと思うんですよねぇ、彼らでは。

 なんかこう、”絶対的な強さ”みたいなのが彼らには無いんですよね(三男除く・・・、試合観たことないんで)。

 つっても、長谷川穂積選手みたいに”絶対的な強さ”があるのは良いけど、強すぎて逆につまらなかったり・・・、あ、悪い意味に捉えないで下さいね、・・・するのは仕方ないかなぁ、って思ったりもするし。

 まぁ、そうですね、上記の二つを兼ね備えたような人がいると良いんだけどなぁ、って思ういます。

 言わば、かつてのマイク・タイソンみたいな感じで。

 そうすれば、ボクシング人気も少しは高まるかなぁ、なんて。

 んで、もっとボクシングの試合テレビでやってくれるかも知れないんで。

”グッ”と来ることが書いてあったらクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

« 小説「ダーティペアの大帝国」読了 | トップページ | 長渕さんのホールツアー「TSUYOSHI NAGABUCHI Acoustic Live 30th Anniversary」静岡市民文化会館に行った »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414019/32423054

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田興が2階級制覇、史上7人目 王者内藤を判定で破る - Infoseek ニュース:

» WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦 内藤大助対亀田興毅、ついに決着 [erabu]
判定0-3で挑戦者・亀田興毅(23歳)が勝ち、新王者。国内7人目の2階級制覇を達 [続きを読む]

« 小説「ダーティペアの大帝国」読了 | トップページ | 長渕さんのホールツアー「TSUYOSHI NAGABUCHI Acoustic Live 30th Anniversary」静岡市民文化会館に行った »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30