当サイトご案内


  • クリックで応援っ!!

    人気blogランキング


     

    いらっしゃいませ。

     

    「The徒然★Re-Mix」へようこそ。

     

    徒然草序段

     

     「つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ」

     

     の、ように、このブログでは硯の代わりにパソコンに向かって「心にに移り行く」、「よしなしごと」を「そこはか」となく「書きつく」ってます。

     

     それでは、ごゆっくりと当ブログをご覧下さい。

     

     管理者:きかてぃけい

     

    応援よろしくです

    人気blogランキング


無料ブログはココログ

おすすめ(?)サイト

アクセスアップとか

カテゴリー「経済・政治・国際」の記事

2015年1月30日 (金)

【後藤さん】いま見たGoogle急上昇ワード1位について何か書いてみる

 私がGoogle急上昇ワードを見たときの1位の事柄について、何か書いてみたいと思います。

 今回の1位は、「後藤さん」でした。

 

  クリックで応援
 ↓
 人気ブログランキング

 

 では、後藤さんについて何か書いてみます。

 ここでの「後藤さん」は、「イスラム国」(以下、ISIS)なる集団に拉致された、「後藤健二」さんの事らしいですね。

 このISIS、「後藤健二」さんを拉致し最初に、

続きを読む "【後藤さん】いま見たGoogle急上昇ワード1位について何か書いてみる" »

2011年4月 6日 (水)

「猫ひろし」さんの名を冠したチャリティ・ランニング(マラソン)大会があるらしい

 最近、お笑い芸人の「猫ひろし」さんってテレビとかで観ないような気がするんですよね。

 

 クリックで応援⇒人気ブログランキング

 

 って、思っていたら、どうやら最近、マラソンに精を出されてておられるようです。

 

 ↓このたび、このような催し物があるとのこと。
 猫ひろしチャリティーランニング大会

 

 ま、お笑い芸人の「猫ひろし」さんなんで、面白おかしく走るのかな、なんて思っていたんですね。

 ところがどっこい。

 猫ひろしさん、マラソンに関しては、なんだかスゴいらしいんです。

 それは、

続きを読む "「猫ひろし」さんの名を冠したチャリティ・ランニング(マラソン)大会があるらしい" »

2011年3月28日 (月)

「原子力安全保安院」の会見によく出てくる人って・・・

 福島第一原子力発電所のニュースがやまない昨今。

 「原子力安全保安院」の記者会見に出てくる方っていつも同じ、ってか私がテレビとかで観ている限り同じのような気がするんですね。

 こういった事故や不具合(?)の報告や釈明をするのって、結構大変だと思うんですね、私の経験上。

 私の報告や釈明とは桁違いと言うか、なんと言うか、いわば国の一大事のこの状況に、結構、冷静に答えられているような気もするし。

 しかもテレビとかに出ずっぱりだし。

 

 私としては、「この人頑張るなぁ」、って思ってたんですね。

 で、ふと、「一体、この人何者?」なんて思ったんですね。

 あ、ちなみにお顔が分からない、って方はこちらを参照下さい。

 と、言う訳で調べてみました。

 何故って・・・、そう思い始めると無性に調べたくなってしまうのが私の性分なんで、少しお付き合いくださいね。

続きを読む "「原子力安全保安院」の会見によく出てくる人って・・・" »

2011年3月17日 (木)

ウエシマ作戦ってなんだろう?【東北地方太平洋沖地震】 - NAVER まとめ

 まずは、東北地方太平洋沖地震に被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

 

 そしてご無沙汰しております。

 久々の更新です。

 私、今回の地震の影響はほとんど無く、無事、毎日を過ごしております。

 

 さて、震災から一週間が経とうとしておりますが、各地での義援の輪が拡がりつつある昨今です。

 

 かのTwitterでは、ツイートで義援しようと、色々な活動が目立ってきております。

 そんな、活動を少し取り上げてみました。

 まずは、「ウエシマ作戦」。

 この「ウエシマ作戦」というのは、

続きを読む "ウエシマ作戦ってなんだろう?【東北地方太平洋沖地震】 - NAVER まとめ" »

2011年2月 2日 (水)

[号外]復活の中華ガンダム(風ロボット像) : ギズモード・ジャパン

 最近話題になった、中国の遊園地に登場したという「機動戦士ガンダム」もどきの像のことを覚えておいででしょうか。

 

 クリックで応援⇒人気ブログランキング

 

 一時期、日本のテレビなんかで取り上げられたせいか、撤去された、って聞いていたのですが・・・。

 またまたお目見えのようです。

 それが、

続きを読む "[号外]復活の中華ガンダム(風ロボット像) : ギズモード・ジャパン" »

2011年1月 4日 (火)

【話題】グルーポンで購入したおせち料理が見本と異なる! バードカフェ元社長が本日回答? ★76 ニュース速報+ - 2ちゃんねるDays

リンク: 【話題】グルーポンで購入したおせち料理が見本と異なる! バードカフェ元社長が本日回答? ★76 ニュース速報+ - 2ちゃんねるDays.

 クリックで応援⇒人気ブログランキング

 最近話題らしい「グルーポン」なるサイト。

 入札制度を導入、商品に割引額と目標入札数を設定し、入札数に達した場合、入札した人は割引した金額で商品が購入できるというシステム。

 このシステムの利点は、TwitterやFacebook等、インターネット上で自ら宣伝することによって入札者を集えること。

 別に顔見知りでなくても入札数さえ達成できれば良いわけですからね。

 お話によると爆発的に利用者が増えてるというお話。

 それもそのはず、普通では考えられない割引率で販売価格を出すんですから、そりゃ話題にもなりますわな。

続きを読む "【話題】グルーポンで購入したおせち料理が見本と異なる! バードカフェ元社長が本日回答? ★76 ニュース速報+ - 2ちゃんねるDays" »

2010年2月14日 (日)

トヨタ問題・日本とアメリカの反応

 トヨタ自動車の車が問題を起こしているとのこと。

 ↓こんなのとか・・・。
 トヨタのリコール問題、国内メディアの報道での扱いは…?

 

 ついでにこっちもクリックお願いします⇒人気ブログランキング

 

 で、これが日本国内のみならずアメリカでも起こっているとのこと。

 まぁ、トヨタ車はアメリカでも、それなりに売れてるってお話ですからね。

 

 ところで、今回の話題、『トヨタ問題』のニュースをテレビで観ていたときのこと。

続きを読む "トヨタ問題・日本とアメリカの反応" »

2009年4月 6日 (月)

国際:「衛星」打ち上げは失敗 ホワイトハウス高官が明言

 リンク: 国際:「衛星」打ち上げは失敗 ホワイトハウス高官が明言.

 昨今、物議をかもしていたこのお話。

 結局、2009年4月5日、発射(打ち上げ)を実施するも、どうやら失敗のようですね。

 当事国では、

 「打ち上げ(発射)に成功、人工衛星を軌道に乗せた」

 との声明を発表したようですけど・・・。

 当事国の声明よりか、他国の声明の方を信じるのも『どぉかなぁ』なんて思いますがねぇ。

 でも、海王星まで探査機を飛ばすことができる国の言うことの方が信じられるかなぁ、なんて思ったりもしますが。

続きを読む "国際:「衛星」打ち上げは失敗 ホワイトハウス高官が明言" »

2009年1月14日 (水)

太陽黒点周期と景気

 今年(2009年)7月22日に、日本国内(鹿児島県トカラ列島付近)で皆既日食が見られるってのは、天文ファンの間では周知の事実なんじゃないかと思います。

 他の地域でも、太陽の面積の半分ぐらいは欠けそうです。

 ところで、昔、日食って凶事の前兆て言って恐れられてた、だなんてお話を何かの本だったかで読んだ覚えがあります。

 三国志(”演義”の方か?)なんかでも、諸葛亮孔明が日食の発生を予言して相手をビビらせた、なんてお話があったような無かったような。

 

 お話は変わりまして、この不景気、円高ドル安、株価下落、派遣社員解雇・・・、日食が凶事の前兆だって言うなら、これ以上、何が起こるって言うぐらい、去年の9月ぐらいから悪いことが起こっているような気もしますが・・・。

 私的にも、このまま延々とドル安が続いてもらうと困ったことになるんで、ここらで、景気、特にアメリカの景気が良くなってもらって円安になって貰いたいなぁ、だなんて思ったんですね。

 で、まぁ、あとどのくらいしたら景気が回復するのかなぁ、なんてWebを彷徨っていたら、なんか面白そうな記事を発見しました。

 

太陽黒点説と景気循環 太陽が「50年ぶりの静けさ」【NSJ日本証券新聞ネット】

 ・・・、なんかとってもオカルトチックなんですが、同サイトの記事を読んでみると実際のところ、それでも学問として成立しているようですね。

 これで行くと、黒点が一番多い時期(極大期って言うらしいですが)であると、なんとなく変化がありそうですよね。

 また、こんなものも発見しました。

 

https://trade.gaitame.com/members/info/Fisco_Mor/chart20081020.pdf

 上記データを見ると、なんだか太陽黒点周期と為替相場が連動してる、って言われればそうかなぁ、なんて思います。

 そうすると、次の極大期は何時か、ってことになりますが、元ラジオ少年日誌ってサイトさんのサイクル24って記事によると、『2011年から2013年の間』ってことらしいんですね。

 今が2009年、あと2年から5年後ってことになりますかね。

 うーん、まだまだ先のお話ですね。

 なんか今回はオカルトチックなお話で恐縮ですが、オカルトついでにもうひとつ書いておきましょう。

 なんでも2012年12月22日、人類が滅亡するんだそうです。

 これは古代マヤ文明のカレンダかなんかによるものなんだそうです。

 とは言っても1999年のノストラダムスの予言だって、少年マガジンのMMRの連載が終了したぐらいで、まぁ、人類が滅亡することはなかったですしね。

 それに滅亡する原因が、もし、人為的なモノなら、人の未来は人の手で変えるモンだと私は思っているので、滅亡したくなければ頑張って滅亡しない努力をすれば良い、だなんて考えるのは、いささか楽天的でしょうかね。

(リンク先(多謝):AstroArts - アストロアーツ総合ファイナンシャルサイト【NSJ日本証券新聞ネット】FX | 外為どっとコム | FX取引サイト元ラジオ少年日誌占いコンテンツ・心理テスト・診断サービスの制作:GT-AgencyWikipwdia)


MMRマガジンミステリー調査班(1)

(By 楽天)

”グッ”と来ることが書いてあったらクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング

2008年12月19日 (金)

岡野雅行さん(会社社長)

 世の中「この人、凄いなぁ」って思う人、多々あれど、ホントに感心する場合ってあんまり無いんじゃないかと思います。

 で、私の中で、その「凄い人」の一人が、今回この記事に書こうと思った岡野雅行さんです。

 「・・・、浦和レッズの?」って?

 いやいや、違います。

 現在、浦和レッズに所属なされている岡野雅行選手と同姓同名の方なんですね。

 あ、岡野選手も凄いですよ。

 あの「ジョホールバルの歓喜」の立役者ですからね。

 ・・・、と、話題が逸れましたので本題に戻ります。

 

 岡野雅行さんは、金属加工(金型プレス)を行う小さい町工場の社長さんです。

 しかし小さな町工場とは言え、その取引先が凄い。

 国内の大手企業はおろか、NASAからも発注があるとのこと。

 どうして、NASAからの発注があるのか?なんて思われる方もいらっしゃるのでは無いかと思います。

 その理由は、どうも技術力にあるようです。

 お話によると、色んな会社に製作を断れた場合、岡野さんの所に持って行けばなんとかしてくれる、って位のようです。

 岡野さんは、たまにテレビとかでお見受けすることがあり、インタビューとかでお話されている、また作業所(現場)での様子なんかも観ることがあるんですが、確かに凄いかなぁ、なんて思います。

 まず、現場にはところ狭しと工作機械が並んでおり、どう考えても町工場で買えるうようなシロモノじゃないよなぁ、なんてのもあったりします。

 岡野さんのお話によると、製作に必要なものであれば設備投資は惜しまないとのことで、小さい町工場で中々できることではありません。

 で、インタビューなんかのお話を聞くと、人が出来ないことをやりたい、出来ないと言われると俄然やる気が出てくる、絶対やってやる、って思い、ホントにやってしまうんだそうです。

 また、寝ても覚めても仕事のことを考えていているんだそうです。

 私が観たテレビ番組では、岡野さんが奥さんと二人で旅行に出かけた時のシーンがあって、その中で、岡野さん曰く、観光中であっても、その見たのものから、仕事に生かせないか、なんて考えるんで奥さんも呆れている、って感じの事を言われてました(実際、その時、岡野さんの横にいらっしゃった奥さんは苦笑いされてましたね)。

 これって、そうそう出来るものじゃありませんよね。

 寝ても覚めても仕事のこと考えてたら鬱になっちゃうんじゃないでしょうか。

 この凄い情熱とやる気、プラス思考、ってどこから来るんだろう、って思うほど凄いなぁ、って思います。

 そんなに凄い技術力があれば大会社にして大儲けできるだろう、なんて考えがちですが、岡野さんは、そのようなことを考えないんだそうです。

 岡野さんとしては、そういった技術的なこと、出来ないことを実現することに尽力を、情熱を注ぎたいんだそうで、出来てしまったものには、あまり興味が無いと言われてました。

 プレス屋にとって、金型は命、金型の良し悪しで製品の良し悪しが決まると言っても過言ではありません。 

 金型があれば、同じ物を大量に生産することが出来、生産を続けることによって利益を得る、ってのがいわゆる「プレス屋」さんです。

  しかし、出来てしまったら金型ごと、発注された企業に売ってしまったりするって言うんですから。

 「製品」を売るのでは無く「技術」を売るって言うスタンスが、どうも岡野さんのやり方のようです。

 なので、岡野さん、技術力を低下させたく無いと、従業員を増やさず、小さい町工場のままで会社を運営しているとのこと。

 確かに、同じ人が長く作業を続けていると、技能は向上するし、技術的な知識が身につくので、正論かも知れません。

 日本の技術力は、超絶な技能を持つ職人さんによって成り立っていたというお話を聞いたことがあります。

 例えば、日本の金属加工精度は世界トップクラスと言われています。

 これは精度の高い金属工作機械のお陰でもあるんですが、その精度の高い機械を作るとき、その機械の部品は、その機械によって作られる部品より精度の高いものが求められます。

 じゃぁ、その部品は、その工作機械より精度の高い工作機械で作られているのか?って事になるんですが、この場合、延々と作る部品より精度の高い工作機械が求められるってことになってしまいますよね(分かるかなぁ、この理屈)。

 そうなれば、精度の高い部品を作るのが機械で無かったら、あと作れそうなのは人間ぐらいしか、いないはずです。

 実際、そういった技能を持った方々が部品を作り、その部品で機械が出来ている訳です。

 かつて日本が安くて品質の良い工業製品を輸出して利益を得ていた時代、このような職人さんが居て、その方々が日本の工業製品の品質を維持していた、って言っても過言では無いかと思います。

 しかし、このような技術技能を取得するには長い年月がかかり、かつ、一人前になるまでは賃金も安く、いわゆる3Kの仕事の場合も多いので、スマートで楽して高収入を得ようとする今ドキの人には敬遠されがちってのも事実です。

 ゆえに今、そのような技能を持たれた方は高齢の方が多く、その技能が伝承された後継者の方も少ないようなんで、技能、技術力低下によって製品の品質が低下し、とりわけ製品の国際競争力が弱くなって製品が売れなくなるのでは、と、懸念する声が製造業の各関係から挙がっているようです。

 事実、「団塊の世代」が定年退職し始めた昨今、技術力の低下を恐れた各企業は、定年後もそのような方々を雇用し、企業として、人を育成しようとしているとのことです。

 

 なんだかお話が大きく逸れてしまったようで、岡野さんのお話に戻しましょう。

 そんな岡野さんですが、執筆活動や講演なんかもされているようです。

 最近、出版された本があるようですので、興味を持たれた方は一度お読みになられてはいかがでしょうか。

 (リンク先(多謝):金属加工のマジシャン(岡野工業株式会社ホームページ)、Wikipedia)


学校の勉強だけではメシは食えない!

(By 楽天)

”グッ”と来ることが書いてあったらクリックお願いします
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキング

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31